« こんなものを作ってみた | トップページ | イベリコ豚 »

2006年11月23日 (木)

言葉って難しい

今朝、新聞を読んでいたら、
急に首の付け根から肩のあたりが寝違えたように痛くなった。
夫にマッサージをしてもらったが、なかなか良くならない。
そんな時はふくらはぎのマッサージ。
ということで、ふくらはぎを押してもらった。
押してもらうと、右足と左足の痛さが違う。
どう違うのか聞かれたので、
「左は音が低いような痛みで、右は高いような痛み。」
と答えたら、
「それって、鈍い痛みと鋭い痛みって言うんでしょ。」
と夫に笑われた。

午後から、美容室に行った。
パーマをかけてシャンプーの後、聞かれた。
「気持ち悪いところはありませんか?」
綺麗にしてもらいに行ったのに、
しかも顔にタオルを乗せられた状態で
気持ち悪いところってどこだろう?
先月行った時までは、
「洗い足りないところはありませんか?」だった。
「それは洗ってる人が分かると思うけど・・・」
なんて思っていたけど、小心者の私はいつも言えずじまい。

言葉って難しいと思う。
特に私は、身体の調子が悪い時に症状を説明するのがへたくそ。
たとえば、
私が「しくしく痛む」状態と、聞いている人のそれとが同じなのか
悩んでしまって、なかなか説明できないことがある。
で、しょうがないから夫には
「とにかく痛い。」なんて変な説明をすることも。

子どもの頃、
「いただきます」はどうして「いただきます」で
違う音の組み合わせではなかったんだろう
なんて考えていた頃があったから、
言葉が不自由なのは、その名残なのかも。

|

« こんなものを作ってみた | トップページ | イベリコ豚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/175031/4291594

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉って難しい:

« こんなものを作ってみた | トップページ | イベリコ豚 »